【フィリピン 4日】 4月4〜10日のキャンペーントレイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今週は選挙委員会が主催する唯一の副大統領候補討論会でピークを迎える。そして大統領候補者は、キャンペーンの第9週に突入する。4日から10日の週の間、候補者たちは最新の調査結果を期待しているだけでなく、選挙委員会(COMELEC)が主催する唯一の副大統領候補討論会の準備を行う。また6日には、最高裁判所は大統領候補グレース・ポー氏の失格について審議するための世論調査の動きを考慮するよう用意されている。
【4日】
米国民同盟であるビナイ副大統領は、パンパンガを訪問。サンフェルナンドでパンパンガ州のベスト工場を訪問し、その後サンフェルナンドに戻ってサンタリタを通過。サントトーマス町およびサン・ビセンテなど再定住地域を訪問する。ダバオ市長ロドリゴ・ドゥテルテ氏は、ネグロスオリエンタルを訪れ、自由党のマニュエル・ロハス氏は、スリガオデルスルとアグサン・デル・ノルテを訪問する。グレース・ポー氏とランニングメートのフランシス・エスクデロ氏は、マニラ首都圏のカマナバエリアで街頭演説会を行う。副大統領候補のマルコス・ジュニアはリサール州を一周してから、ケソン市に向かう。
【5日】
ビナイ氏は南コタバトでキャンペーン。ロハス氏は、バターンとサンバを訪問。ポー氏は、セブ島での集会を開催。マルコス氏は、以前のキャンペーンで訪れたカローカン、マラボン、ナボタスエリアに戻る。
【6日】
ビナイ氏はマギンダナオ州で、ポー氏は、カマリネススル州で、マルコス氏はモンテンルパ、ラスピニャスおよびパラニャーケの都市など南部メトロマニラでキャンペーン。
【7日
ポー氏はボロンガン、東サマールのラウンドを行い、カタルマン 、北サマルインチで、マルコスはは、ケソン市で今週二度目のキャンペーン。
【8日】
ポー氏は、バタンガスの集会を開催。マルコス氏はマニラで、エストラーダ氏は正式に副大統領入札を承認し、これは首都への最初の訪問となる。
【9日】
ポー氏はカタンドゥアネスとソルソゴン州でキャンペーン。
【10日】
メディアパートナーと選挙委員会主催の副大統領候補討論会が、サントトーマス大学で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存