【台湾 31日】 市民が死亡した児童へ、愛と敬意を払う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

31日、市民は陰惨なナイフ攻撃事件で殺された幼い女の子に敬意を払うために台北の葬儀場を訪れ、愛と教育の重要性を強調した。会場を訪れた会社員、親、学生や他の人々は、「リトル」として愛情を込めて呼ばれていた4歳の子供に沈黙の敬意を払った。彼らは祈りを捧げ、花を手向け、子供の写真、花、ピンクのカーテン、そして彼女のお気に入りのくまのプーさん人形や風船で装飾された訪問エリアに表示されていた同情と祝福のノートを書き込んだ。少女と彼女の母親であるクレア・ワンさんは、他の家族と食事をするために台北の内湖区にある地下鉄の駅に向かう途中にあったときに、この悲惨な事件に遭遇した。後に33歳の王景玉として識別された男が、後ろから子供をつかんで、包丁で彼女を斬首した。この手の残虐行的な暴力犯罪は、台湾では珍しいため、特に国民を驚かせている。このような犯罪を犯す人間は、罰金や世論について関心がないと思われるため、新しい法律を起草することが、このような無差別殺傷事件を防ぐために必要であるという声が湧き上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存