【フィリピン 31日】 アロヨ元大統領はポー氏の出馬承認を歓迎するだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

国民は、グロリア・アロヨ元大統領による承認を歓迎するだろうか。これは、パンパンガの大統領のお膝元の州で31日に大統領候補のポー氏に尋ねられた簡単な質問だった。しかし、初心者のポー上院議員は、明確な回答を出せなかったという。アロヨ元大統領は、2004年の大統領選挙で彼女の父親フェルナンド・ポー・ジュニアをだまし、07年に選挙法違反容疑で逮捕されているが、ポー氏は自身の候補承認を訪ねる相手として適しているとして、推薦を議論することはないと語った。そしてポー氏はその後、共闘する側と敵対する側の両方に対処する上で、公正であることを改めて表明した。2005年にポー氏は、米国からフィリピンに戻り、当時のアロヨ大統領への抗議行動における重要な存在だったが、3月1日にポー氏が地方訪問した際に、アロヨ氏はポー氏のことを提起せず、報復はないと語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存