【台湾 30日】 政府は強制治療のために法律改正を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

29日、政府は薬物を服用し、精神的な問題を持つ容疑者による28日以降の無差別攻撃事件について、自殺傾向と麻薬中毒、アルコール依存症等について強制的な治療を受けさせることを強制する法律改正を検討している。容疑者が背後から幼女をつかんで、包丁で首を切り落とした事件は、まだ4歳の被害者とその母親を伴って、内湖区の路上で発生した。これらの事件に対する一般市民の抗議の焦点の一つは、精神保健法に基づく現行の強制治療の規制は容疑者が強制治療の対象とされていないとして緩いことであり、ロービング時限爆弾のように回避する策が練られていないことだ。保健福祉省の下で精神保健省は、同省が強制治療のための基準を検討する学者や専門家を招待すると発表したが、強制治療への道は安易ではなさそうだ。しかしこれまで強制的な治療を受ける必要がなかった麻薬中毒、アルコール依存症や自殺者について、現在強制治療に着手することを法律で強制されることが期待されている。足かせとなっているのは人権の問題であり、人権と医療の両方を考慮することは容易ではないかもしれないが、問題を議論するために時間がかかっても目を背けてはならない。そして何の罪もない市民がまた犠牲者とならないためにも、一歩進んだ策が講じられなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存