【台湾 23日】 インドネシア船籍が台湾の漁船に発射

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

22日、昨日インドネシア政府船籍の発砲により、台湾の漁船には2つの弾丸がキャビンを通過し、合計12の弾痕がボートに残ったと、漁師協会が発表した。詳細な調査報告書では、屏東県協会によると関与した2名の台湾漁船が登録されており、2隻の漁船は違法操業ではないにもかかわらず、警告なしで発砲を受けたという。台湾の2隻の漁船は、すでに漁を終えた状態であり、マラッカ海峡の北側入り口の東経6度15分、北緯97度40分でシンガポールに向かう途中にあったという。報告書によると、それは22日の午前3時ごろでスマトラの北東海岸からわずか100キロだったという。まだ暗い時間だったが、インドネシアの巡視船はスポットライトで点灯しながら台湾漁船に発砲を行った。インドネシアの巡視船は、台湾漁船に対し注意を行う前に、約半時間追跡を行ったという。そして巡視船は12発を発射。漁船の船長は船を確認し、弾痕を発見したという。漁船2隻のどちらの船長も事件が発生したとき、漁は行っていなかったとし、台湾の船籍であることは、以前の風によって破損していたため国旗は表示されていなかったが、船の側面にはコードが明確に書かれてあったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存