【フィリピン 17日】 ダウン症に光を当てた映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

映画「Star na si Van Damme Stallone」では、アクションスターになる夢を持つダウン症の少年の心温まる話が描かれている。監督はRandolph Longjas氏で、ストーリーはVan Vanが愛されていると感じられ、彼の夢が叶うように家族全員で応援する、軽いタッチのコメディドラマだ。Longjas氏は、3月16日に「この映画を撮影して、作品として仕上げるために困難を来したが、終わってみると、すべてがよかった」と話した。Jadford Dilancoが若い時のVan Damme Stalloneを演じ、Paolo Pingolが大人のVan Damme Stalloneを演じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存