【台湾 11日】 225人の医師が台湾最大の脱税で有罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台北地検庁は、医師を含む脱税者の調査を締結した。検察官は、225人の医師が2つの慈善団体「Siyuan」と「Chenghan」に寄付をすることで脱税したと疑っている。慈善団体は、寄付金を受け取った後、研究助成金として、管理手数料の5%を受け取った後、ほぼ全額を返金している。これによって、この4年間で合計NT 2億ドルがこれらの慈善団体に寄付され、NT 78万ドルの脱税につながっている。教育大臣のWu Se-hwa氏は、「この問題は、寄付者が研究助成金として、後日、類似した金額を受け取っていること。これが実際に起こったできごとなら、不適切な行為だ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存