【台湾 11日】 MRT空港線、減額工事で運行早める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

議員は、内閣が公共の安全面を妥協して、MRT空港線の工事が完了したことに批判した。地元の週刊誌は、内閣がMRT空港線の運行日程を早めるために、減額で工事をすることに同意したことが書かれた機密文書を送ったと報告した後、批判が上がった。週刊誌には、昨年11月から今年2月までに、試運転で信号に関連する問題が4500回以上記録されていると掲載された。その他の問題には、緊急ブレーキや線路が滑りやすいことなどが含まれる。逢甲大学教授のLee Ker-tsung氏は、「列車の重量があるため、線路が滑りやすくなっているのだろう」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存