【台湾 10日】 自転車レーンの建設で渋滞が継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台北市の自転車レーンの工事が、最近の交通渋滞問題の原因になっている。工事は、台北市長の柯文哲氏の主要な公約のひとつだ。しかし、工事期間は3月下旬から4月初旬に延期され、その間、渋滞が続く。ラッシュ時でなくとも、台北市の通りFuxing North Roadは、すでに渋滞だ。この工事で3車線が2車線になり、バイクは交差点を通過する際に、巧みに操作する必要がある。台北市政府交通局のYeh Chi-hung氏は、「渋滞は旧正月の休暇前から続いており、工事が遅れて長引いている」と述べた。工事は、現在、4月初旬まで続く予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存