【台湾 9日】 無農薬ジャム製造者の源、果実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の農業労働者の人口は、深刻な高齢化問題に直面し、活力のある新しい人材を早急に求めている。台南では、ジャム製造者Lin Wei-hsun氏(25歳)が、無農薬ジャムの生産に取り組んでいる。彼は、ジャムの特性や果物について学ぶために、個人的に果樹園を訪問。これが、Lin Wei-hsun氏が無農薬製品を作る方法だ。兵役を終えた後、Lin Wei-hsun氏は、最高の味を持つ果樹園を探して、製造を開始。「農家が果物の生産をやめた場合、輸入が必要になる。これが起こり農民がいなくなると、村全体がなくなるだろう」。果物ジャムは、果物の副産物だけでなく、Lin Wei-hsun氏の理想の食べ物であり、台湾の農業に対する深い情熱でもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存