【フィリピン 9日】 ブラッドリーとの対戦延期なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

他の候補者たちから不等な優位性を与えるという批判にも関わらず、マニー・パッキャオは、ティモシー・ブラッドリーとの対戦を延期しないと述べた。ティモシー・ブラッドリーとの3度目の対戦は4月9日で、選挙日の前月に設定。これに対し、上院議員候補者、ウォールデン・ベロー氏と元上院議員レナ・サグイサッグ氏は、フィリピンの選挙委員会に次のような質問を出し、パッキャオ氏の回答を求めた。「パッキャオ氏が試合を通じたメディア露出は法的制限を越え、他の候補者よりも多くの利点が得られる」。公正選挙法の実施規則では、候補者はテレビの露出が120分、ラジオで180分とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存