【フィリピン 4日】 アキノ大統領、セブ島の校舎を訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ベニグノ・アキノ3世フィリピン大統領は、フィリピン・アミューズメント・ゲーミング会社(PAGCOR)が教育省に寄贈した校舎を見に、3月3日にセブ市を訪れた。教育長官Armin Luistro氏、セブ市長Hilario Davide III氏、公共事業長官Rogelio Singson氏も、グアダルーペ小学校で大統領に合流した。アキノ大統領は、新しい校舎の教室内の見学に案内された。Singson 氏は、大統領にセブ島のさまざまなインフラのプロジェクトを手短に説明。セブ島では、約P11.9 billionの道路事業があり、2015年にP9.6 billionが割り当てられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存