【台湾 3日】 台湾の自転車産業は10%の年間成長率達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

世界的な不景気にもかかわらず、台湾の自転車産業は10%(アメリカドルで1.89ビリオンドル)の年間成長率に達成した。3月2日には、5キロ以下のトライアスロンやロードバイクを含めた新型モデルのランナップで、台北サイクルショーが開始。台湾の自転車産業は、海外輸出の受注が増加しており、早ければ来年市場に出回る可能性がある電動自転車への関心が多く寄せられた。美利達工業(メリダ)の会長、マイケル・ツァンは、「今、全世界が太陽光発電、省エネルギーを推進し、自動車による一酸化炭素の排出量を削減しようとしている。このため、電動自転車はトレンドだ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存