【フィリピン 3日】 フィリピン人開発者が携帯電話盗難防止アプリ開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ソフトウェア会社Galileo Services Inc.が委託した調査によると、フィリピン人の41%が携帯電話の盗難にあっている。この問題に対処するために、エンジニアのJun Lozada氏率いるフィリピン人の開発者グループは、盗難防止アプリ(TARA)のサービスを開始した。これは、盗まれたスマートフォンを操作不能にする「kill switch」アプリで、携帯電話が盗難にあった際に遠隔操作でロックしたり、位置をつきとめたり、ファイルを一掃することができる。Lozada氏は、「やっかいなのは、個人情報の盗難だ。我々はスマートフォン社会におり、盗難は増加している」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存