【台湾 2日】 台湾の中央銀行が金利引き下げに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の中央銀行は、輸出を後押しするために金利を下げる動きが見られている。昨夜遅く、中国の中央銀行が、低下する経済の復興を目的に、金利の引き下げを行なった。このような金利緩和ツールは、潜在的に弱い元を使い、台湾の輸出競争に直接深刻な影響を与える可能性がある。台湾大学のファイナンス教授Hwang Dar-yeh氏は、「台湾は中国に40%の輸出を行なう輸出主導型の経済だ。中国の弱い元は、中国への輸出が減少することを意味し、景気低迷を悪化させるだろう」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存