【フィリピン 29日】 49歳のディレクター、Wenn V. Deramas氏死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピン人のディレクターWenn V. Deramas氏は、2月29日の朝、重度の心臓発作で死亡した。親友のJune Rufino氏によると、Deramas氏は、ケソン市のキャピトル・メディカル・センターで午前3時に心臓発作を発症し、一度は医師によって命を取りとめたが、午前6時10分に亡くなったとしている。Deramas氏は昨年、血管形成術を受けていたが、Rufino氏は彼の死に驚きを隠せない様子だ。Deramas氏はエンターテインメント業界でDirek Wenn氏として知られ、コメディ映画「Ang Tanging Ina」 などさまざまなヒット作で知られていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存