【台湾 26日】 台南市長が新台北の市長に立候補を検討?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の6大都市圏のうち、新台北だけが唯一、中国国民党の制御下に置かれたままだ。そこで、民主進歩党の台南市長、賴清德(らい・せいとく)氏が、新台北で市長の立候補するという噂が立っている。賴清德氏は、2月に起きた致命的な地震の救援活動を行った人々に感謝状を贈ったときに、新台北に関する噂についても取り上げた。「私が今考えていることは、災害後の復興についてだ。私には、台南の住民に対する責任があるので、それ以外については何も考えていない」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存