【台湾 25日】 高勾配のMRIがパーキンソン病の診断に有効

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾は高齢化社会に直面しているように、統計は、65歳以上の100人に1人がパーキンソン病であることを表している。現在、地元の病院では、パーキンソン病の診断に90%の正確性がある高勾配のMRIを使用。医師によると、パーキンソン病は脳卒中や筋肉の問題と捉えられがちだという。しかし、高勾配のMRIにより、健康な人の脳内のニューロンはアゲハチョウの尾のように見え、パーキンソン病を患っている場合は、ドーパミンの不足により、同じ形状をしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存