【台湾 24日】 第7回台湾国際児童映画祭、出展作品応募開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

第7回台湾国際児童映画祭( TICFF)に出展する作品の応募が開始された。台湾国際児童映画祭は、2004年に公共電視文化事業基金会(PTS)によって設立され、完全に子どもに特化されたアジア初の映画とテレビの祭典だ。同映画祭は隔年で開催され、第7回目は台北で2016年4月に予定されている。高品質の子どもの番組を奨励し、若い地元の視聴者に従事することを使命とし、世界中から多文化作品を上映する。優勝者には賞金が贈られる。応募作品には、クリエイティブで、楽しく、おもしろいドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、テレビ番組などさまざまが求められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存