【台湾 23日】 世界綱引選手権大会-台湾のメダル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

オランダで開催されている世界綱引選手権大会で、台湾勢の優勢が続いている。競技最終日に、台湾の男女混合チームは、600キロ級で金メダルを目指す中国勢を破った。これで、 台湾の金メダルが3個、銀メダルが4個になった。しかし、女子の500キロ級で、台湾は中国のチームに敗れた。メダルを獲得したHuang Ting-yiさんは、「われわれの成果に興奮している。最後に女子の500キロ級で優勝は逃したが、男女混合チームで優勝できたことは、とてもすばらしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存