【フィリピン 23日】 バタンガスのLPG基地で火災

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バタンガスのLPG基地で発生した火災は、現在、鎮火に向かっている。しかし、何百人もの住民は、まだ非難した状態だ。カラカ地方政府は、バタンガスの工業団地にある液化石油ガス( LPG )貯蔵施設で土曜日の午後4時ごろに火災が発生したことに対し、非常事態宣言を出した。地元防災協議会は、州内の様々な消防隊から16台の消防車が駆けつけたことを報告。これによると、115家族(約500人)を含む二つのバランガイが、火災による影響を受けているとしている。当局は、 2人が負傷し、病院に搬送されたことを報告した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存