【フィリピン 22日】 選挙キャンペーンがスタート式になるのはポー氏の評決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016年5月の大統領選の候補者が正式にキャンペーンを立ち上げた後、注目されるのは大統領と副大統領のどのコンビがふさわしいかという評判で捉えられている。先週のキャンペーン開始は、それらのいくつかのためのオープンで脆弱な地域に力が注がれている。15日にリリースされる世論調査では、最後の2ヶ月で明らかにされるという、ビネイ副大統領、グレース・ポー上院議員、ダバオ市長ロドリゴ・デュテルテ氏とマヌエル・ロハス氏に絞られている。この中で気になるのはポー氏の最高裁での評決である。上院議員グレース・ポー氏は、その結果を待たずにプラザミランダにてキャンペーンを先週スタートさせた。一方、大きな疑問が残るのは、ポー氏が大統領選に残るのかということだが、最高裁は再び16日に、ポー氏のケースに別の聴聞会を設定し、裁判官が不当に彼らの評決を遅らせているという批判を払拭するためのものでもある。ポー氏が判決を待っている間に、選挙委員会は投票機のテストを開始し、週末は全国の主要分野で模擬選挙を開催した。世論調査は、選挙が近づくにつれて国民の信頼を鼓舞する必要がある。21日に、選挙委員会は、カガヤン・デ・オロ市でキャンペーン開始後初の大統領候補討論会を開催する。議論が世論調査との合意の覚書に署名したメディア企業によって開催する最初のものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存