【フィリピン 19日】 係争中の島で中国の武器を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

係争中の島で中国の武器を確認
18日、米国務長官ジョン・ケリー氏は、中国が南シナ海での紛争中の島に武器を持っていることが確認されたとして、戦略的に重要な地域の軍事化のために北京を非難したと、国営メディアが述べた。地対空の武器は一週間ほど前にそこに到着した後、米国は台湾と中国の両方がウッディ島、パラセル諸島の一部にミサイルを配備していたと述べたという。ハノイ、台北は、特許請求の範囲が重複しているものの、北京は、パラセル諸島のすべてを主張している。中国はベトナム戦争の終わりに向かって簡単に、血みどろの戦いで南ベトナムからのいくつかの島を押収したという。中国防衛省は、中国は長い間、島において武器を展開していることが確認されているという。しかしこれまでは島の具体的な武器指定はされていなかった。ただし、それは最近の報告書によると中国の脅威についてその緊張感が高まり各メディアも取り上げ始めているという。中国は独自の領土の境界内に公正かつ合法的に配備し防御施設への権利を持って行っていると主張している。世界の石油の三分の一が通過する南シナ海での緊張は、中国が軍事施設を建設することができる人工島、つまり南沙のサンゴ礁をここ数ヶ月で行った形質転換したことで高まっている。中国が実際に島に地対空ミサイルを置いている場合、地域で挑発的なフライトを行うとき、米国からのジェット戦闘機がスクランブル発進が懸念されるが、それは適切な対応だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存