【台湾 18日】 19日後半に台湾を襲う新たな寒冷前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

18日、次の寒冷前線が19日遅くに到着するまでは、台湾周辺の天気はウォームアップすると、中央気象局が発表した。温度は夜間や早朝の時間帯は低いままであろうが、昼間の温度は18日と19日に上昇するという。18日に、19℃から21℃に台湾北部、宜蘭と花蓮の日中の最高気温は達することが期待されており、中央部と南部、台湾と台東でも23-26度になるだろうと思われる。しかし19日の夜に、冷たい空気の塊が台湾に接近して再び温度をダウンさせると、事務局は述べている。台湾の北部と北東部の一部では大きく影響を受ける可能性が高いとされ、20と21日の早朝には12℃にまで低下するだろうという。寒気の影響は21日の日中に弱まると予想され、その後暖かくなると予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存