【台湾 16日】 台湾でのインフルエンザシーズンのピーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

16日、台湾におけるインフルエンザ感染のピークシーズンである現在、疾病管理センターは、重症例数は中旬または月下旬で高止まりすると予想発表した。現在のインフルエンザシーズンは2015年7月1日に始まって以来、1月から2週間の間にそれらのほぼ3分の1(141例)が発生すると、2月13日に重度のインフルエンザの例が31例あり、総数が452例に達し、多くの場合、冬に見られるインフルエンザの例を反映しているという。疾病管理センターのデータによると、今月の初めに2週間の期間中の12人を含め、インフルエンザシーズン中にインフルエンザの合併症で死亡し他総数は、55人いるという。1月の2週間の期間中に報告された141例の新しい症例のうち、122例はH1N1ウイルスやH3N2ウイルス、インフルエンザAおよびインフルエンザBとの間に分布していたと言う。インフルエンザの症状が発生した場合、高リスク慢性疾患や妊娠中の女性に苦しむ、幼児、患者や65歳以上の高齢者を含め、インフルエンザに対して最も脆弱な人々が注意する必要があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存