【フィリピン 16日】 選挙管理委員会は、投票の領収書対決断を擁護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

選管は、16日、選挙当日に投票カウントマシンから証明書を発行しないという全会一致の決定を擁護した。合同議会公聴会では、選管のアンドレス・バウティスタ会長がポール本体は2つの主な理由のための領収書を発行するための提案を意味無しと述べた。2つの理由とは、まず政治家は票の買収に証明書を使用することができる。第二に、発行の証明書は、選挙の投票時間に5-7時間を追加することができる。バウティスタ会長は、大きな懸念は、マシンが証明書を発行することは、それが正しいではないと指摘されるかのせいがあり、結果を疑問視するかもしれない候補者が出てくるかもしれないという。会長は選管の大法廷が、全会一致でこれがありうると確認したと述べ、証明書を印刷する機能を無効にすると述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存