【台湾 11日】 地震の死者数が55人に上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

11日、国家消防機関が発表した最新統計によると、マグニチュード6.4の地震が6日に台湾南部を襲った後、 11日現在で少なくとも55人が死亡しているという。死亡が確認された55人のうち、 53人は台南永康区でウェイガン金龍アパート団地の崩壊で亡くなっている。他の2名は、市内のガイレン地区で死亡している。11日午前9時の時点で、 83人がまだ崩壊した16階建てのウェイガン金龍アパート団地の複合体の瓦礫の中に閉じ込められていると考えられ、今も懸命な救助活動が続けられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存