【フィリピン 9日】 オンブズマンはメンテナンス契約のためにLRTの幹部を起訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

9日、ライトレール交通局(LRTA)の幹部に対するグラフト電荷のファイルに関する疑惑があると、オンブズマンの事務所が述べた。LRTA管理者メルギアデス・ロブレスを含む 11人の職員は起訴されることになる。これらはすべて異常メンテナンスや清掃契約の実施に関連して、腐敗行為防止法(共和国法第3019)の第3項に違反していることが判明した。またオンブズマンによってサービスプロバイダCOMMビルダーのジョイントベンチャー(JV)のリリアディアス・デニス・アコーダおよびテクノロジ会社、株式会社PMPのグラスキ・ソアブラカも起訴状に含まれている。2009年1月に、LRTAは列車、レールとの契約の下ではLRT線の駅と鉄道車両の分野としてLRT線1のデポ設備の予防及び是正保守のための合弁会社との契約を締結し、合弁会社は、少なくとも793人の労働者と管理人を配備することになっていた。サービスプロバイダーのために2009年に400万ペソが消費人的資本と材料の組み合わせコストとして支払われたが、オンブズマンの現地調査事務所によると、わずか209人の人員しかLRT 1号線の駅やデポに配備されなかったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存