【台湾 5日】 英国は台湾の位置を修正し再表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

4日、英国政府は、国として台湾を認識していないその公式の立場を改めて強調し、台湾の地位の問題は台湾海峡の両側の人々の願いに基づいて、対話を通じて解決されるべきであると述べた。国として台湾の公認を要求する請願を受けて、英国政府は女王陛下の政府の長年の位置付けは、国家として台湾を認識しないとした。また英国は、台湾は中華人民共和国(中国)の州であり、中国の唯一の法的政府として中華民国(台湾)を認識している中国の立場を認め、外務連邦省、外交を担当する政府機関によっての調製応答に従って「イギリスと中国の間の1972年の共同声明」を堅持するとした。イギリスにとって台湾問題は、中国との間にある台湾海峡の両側の人々の意見に沿って、対話を通じて解決しなければならないと考えているという。近年、平和と安定に貢献してきた海峡を通過する輸送、観光、貿易のリンク等の大幅な増加を見て、イギリスはこの傾向が続くことを願っているという。イギリスと台湾は、活発な商業、教育、文化的なつながりに基づいており、英国のオフィスが台北に、そしてロンドンには台北駐在員事務所があり、強力であるが非公式な関係を有している。この関係は、英国と台湾の双方に大きなメリットを提供し、環境司法、教育問題について、たとえば交流と訪問の広い範囲を特色にしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存