【台湾 4日】 9日間の旧正月の休暇の間に変動する天気予報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

4日、今後9日間の旧正月の休暇中の天気は、最後まで寒さと乾燥に悩まされ快適さは期待されないと、中央気象局は述べた。比較的暖かい7日の後、冷たい波は次の9日から12日まで台湾での天候を支配することが予想される。拡張休日は6日、中国の大晦日の前日から始まり9日間続く。寒波の間に、台湾中部の北部の海岸沿いのオープンエリアは早朝の時間で6℃の低温が予想される。しかし、寒波が降水をもたらすことは予想されないので、休日中の天気は外出には適しているであろうという。2月12日以降は寒波の影響が減少するため、天気予報では22〜25℃の間の快適な気候となり、全国各地とも日当たりの良い、穏やかな天気となるだろう。休日の最後の2日間の13日と14日は、水分が増加すると予想されるので、おそらく台湾中部北と台中の地域で雨があるだろうと予測され、これらの領域における最高気温は20度以下になるだろうという。霧や低い雲が2月から航空交通に影響を与える可能性がありながら、寒波や休日の開始時には、中央部と南部の台湾は、空気の質は悪くないと予測されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存