【フィリピン 4日】 デュテルテ氏が大統領になった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ロドリゴ・ドゥテルテ氏が大統領になれば、同氏は最も細密な環境基準を掲げ、鉱業をサポートすると述べた。鉱業法の改正、採掘への投資、および環境保護からの激しい反対の保護の想定不足が国の鉱業プロジェクトを追求する企業を落胆させているという。ウォレス・ビジネス・フォーラムのウォレス議長は、鉱業に関してのデュテルテ氏の姿勢には満足しているという。フィリピンの鉱物資源は840億ドルの価値があると推定され、豊富だという。鉱業は輸出収入の20%に当たるとし、雇用の主要産業であった。ダバオ市長であるデュテルテ氏は、サンミゲル社、アヤラ、およびホルシムのような多国籍企業から約100名のビジネスマンを集めたウォレスビジネスフォーラムにて、熟考した他の経済政策を説明した。デュテルテ氏の主なアイデアとしては、環境法令を厳密にし、オーストラリア鉱業の次の規格に準拠している場合は採掘を許可する。開発者への土地や島を30 〜50年の長期リースを行う。/投資が入ってくることを可能にする連邦制を通じミンダナオ和平を維持。/マニラ首都圏の交通インフラを改善。/犯罪、麻薬、汚職をなくし、平和的なビジネス環境を可能にする。/政府との契約のうち、適切な入札後に裁判所によって保全処分の発行に反対する。/企業と名誉政府との契約を可能にする。/企業における60%-40 %、さらには70%-30 %収益分配契約に同意。などである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存