【台湾 3日】 桃園空港は旧正月休暇の利用客に警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2日、台湾桃園国際空港は、航空交通が2月3-6日と10−17日にピークを迎えると予想していることを発表し、一日あたりの最大旅客数は140,000人になる可能性があるとしている。空港当局は、旅行客のスマートフォンを経由して自宅で初期または完全なセルフサービスのチェックイン登録をするよう、空港に到着する乗客に促した。空港当局は、アウトバウンド乗客は出発予定時刻の3時間前に空港へ到着するよう確認するべきであるとも述べた。台湾は旧正月の休暇を2月6-14日の9日間に充てる。通関を容易にするために、乗客は一般的に電子ゲートとして知られている自動化された移民クリアランス制度を申請することができ、このために必要な手続きはオンラインで行われ、所要時間はわずか2分であり、多くの旅行客が利用すれば空港でに通関がかなりスピードアップする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存