【台湾 2日】 気温は旧正月の大晦日に9度に降下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2日、気温は強い寒冷前線によって2月7日の中国の旧正月の大晦日に台湾北部で9℃に低下する可能性があると、中央気象局(CWB)が発表した。寒冷前線は5日に到着し8日まで台湾の上空に残ると予想される。寒冷前線によってもたらされる肌寒い天気が、夜の地面からの熱の放射による放射冷却によって悪化するという。放射冷却は7日から激化し、夜間や早朝の時間帯に北部と北東台湾の一部では、10℃未満になるところが多くなるという。天気は8日以降は暖かくなってくると思われるが、中央と南部では昼と夜の大きな温度差があることをCWBは人々に警告している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存