【台湾 1日】 チャリティー活動で23,000人の恵まれない人々に食事を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

31日、無料昼食会が大統領府外の公共の広場で、一般的に家族の集いに関連付ける23,000人以上の社会的弱者の人々へ台湾料理を提供した。これは1996年から毎年恒例の創世社会福祉財団と華山財団とが主催する毎年恒例のチャリティー 「weiya」の一環イベントである。同グループは、中国の旧正月の食事を低所得世帯やホームレス、一人暮らしの高齢者やシングルマザーとその子供たちへ届けるために、31日に全国各地の約40,000人にサービスを提供するため16カ所でイベントを開催したという。「weiya」は通常、労働者の貢献に感謝の意を表明することで、従業員のために会社主催年末のイベントを開催している。馬英九総統と呉敦義副総統は、今回台北チャリティーweiyaに出席し、総統は、社会福祉が毎年、政府の年間予算の最大のシェアを消費すると述べたが、費やした金額はまだ不十分であると語った。そして助けを必要とする人は、社会の中でまだ多くあるが、 政府は社会福祉の約束を拡大するための努力を続けるとを誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存