【フィリピン 1日】 貿易産業省が問題のモンテロスポーツケースに直面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

貿易産業省の関係者が、突然の意図しない加速をする三菱モンテロ車の不具合に対して、三菱フィリピンと共謀しているのではないかという疑惑が持たれている。29日、貿易産業省(DTI)のいくつかの職員に対して、オンブズマンの事務所に三菱モンテロスポーツ車の突然の意図しない加速の被害者から疑惑の申し立てが提出された。グレゴリー・ドミンゴ旧DTI長官、ビクトリオ・マリオ次官、および消費者保護と権利擁護局のアンセルモア・ドリアーノ局長を含む職員が、職務怠慢で腐敗行為防止法に違反し、重大な不正行為のために、刑事、行政のケースに直面しており、 不具合を経験した車の10人の犠牲者と所有者が義務の総怠慢を提出した。この不具合が疑われる場合は、いくつかのモンテロスポーツの所有者が突然の事故につながる、不可解な移動したり、使用中に制御不能になってくる報告が過去数ヶ月間に上昇しているという。しかしDTIは、こうした苦情を認知しながら放置して事故の誘発を防ぐ努力をせず、三菱フィリピンに協力したと、被害者は訴えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存