【台湾 29日】 次期立法報道官には蘇嘉全氏か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

29日、台湾議会は、次期台湾総統となることが確実となった民進党蔡英文党首をサポートする報道官を内定したという。それは今回民進党蔡英文党首が総裁となり、同じく民進党が議会の過半数を得て与党となることから、新しい議会の報道官には、数年前から民進党のトップ議員となっている蘇嘉全氏が就任すると思われる。16日に行われた選挙では、民進党は初めて立法院で過半数を獲得し、蘇氏は先週候補として浮上するまで、1999年から報道官である国民党の王金平氏から、議長の任務を引き継ぐことが期待されていた。蘇氏は、内部の元大臣であり、2012年の総統選での民進党蔡氏の副総統候補であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存