【フィリピン 29日】 立候補者はキャンペーンにいくら資金を使うのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

迎える総選挙に対して、候補者は彼らのキャンペーンでどれだけの費用を投入しているのだろうか。果たしてその額は必要過多なのか不十分なのか。キャンペーンの資金調達のために現在のシステムは何をすべきか。これらの質問は、選挙キャンペーンの一環として、28日の討論会で提起されたものである。まず、5440万人のフィリピン全国と海外のネチズン(インターネットのネットワーク社会に帰属するネット市民、ネットユーザー)1人あたりの大統領候補者による支出は10ペソとされ、総額は5.44億ペソが限度額に達するだろうと思われる。この許可限度額によってその選挙における登録有権者数を乗じた候補者の支出の上限を計算すると、政党の支援を得た大統領と副大統領候補:1有権者あたり10ペソ、政党の支援を得た他の候補:1有権者あたり3ペソ、独立した候補者:1有権者あたり5ペソ、政党と政党リストグループ:1有権者あたり5ペソとなる。すべての候補者は、選挙委員会(COMELEC)に総額を提出し、声明を通じて財政を公表する必要がある。オムニバス選挙商法など、浪費的な選挙犯罪は、1〜6年間の失格と投票権の剥奪、さらに懲役が罰せられることがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存