【台湾 27日】 馬総統が太平島を訪問する予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

27日、馬英九総統は、旧正月の休暇に先んじて駐留軍を慰問するため南シナ海の太平島を訪問すると、チャールズ・チェン(陳以信)大統領府報道官が発表した。一方、外務省のツェン・ヨンチュアン(曾永權)大統領府事務総長は公式に、台湾の外交同盟国に通知し、次期総統となる蔡英文氏の民主進歩党に連絡し旅行に特使を送った。民進党の楊家俍報道官は、民進党が馬総統の訪問に参加する代表を送る計画はないと述べている。太平島は係争中の南シナ海で台湾によって制御される最大の天然の島である。5月20日に総統としての任期を終える馬総統だが、就任中のほぼ8年の間に島への訪問はなかった。中華民国(台湾)の領土の固有の一部として、陳水扁元総統は、島への訪問を除外しないとして、任期中に太平島を訪れている。マスコミは同行しない模様だが、馬総統は訪問から戻った後に記者会見を開催するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存