【台湾 26日】 台湾の飲酒運転による死亡数が減少

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

26日、1987年以来、台湾での飲酒運転による死亡数が最低レベルにまで下がったと、内務省が発表した。飲酒運転による死亡者の数は、省のデータによると、前年の142に比べ27件(16%)減少した。ここ数年の最低は1993年の143人だった。同省によると、過去最高のアルコール障害交通事故死を記録した2006年の727人から大きな低下となった。省当局者は、ビールバー、飲食店や屋外での検査を増やすなど、警察が実施した強化強制措置が効果を上げ、昨年の大幅な減少となったと思われる。警察は2015年に飲酒運転違反で107,372人を検挙し、65,449件が、裁判所に送られたという。飲酒運転による死亡は、飲酒運転の罰則の厳しい基準が発効された2013年以来減少している。改正法の下では、ドライバーは、彼らが以前1リットル当たり0.55ミリグラムと比較して、1リットル以上当たり0.25ミリグラムの呼気中アルコール濃度で、危険にさらすための起訴の対象となる。また、1リットル当たり0.15ミリグラム以上の呼気アルコール含有量で検挙された場合、それらは罰金の対象となる。以前は、ドライバはその呼気中アルコール濃度は1リットル当たり少なくとも0.25ミリグラムに達した場合にのみ、罰金を科されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存