【フィリピン 26日】 財務省改革ユニットは非効率で無能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

無能で非効率的な財務省の改革ユニットが議論を呼んでいる。26日の歳入委員会は、収益の徴収率を向上させるために仕事を課せられている7人の元将軍の移動に関して、下院委員会は財務省改革ユニットの非効率性を指摘した。港湾収税所は関税局の収税を増やすために7名をプロジェクト・マネージャとして務めさせていた。関税局は財務省の管理かにある。7人の元将軍は、マリオ・メンドーサ(マニラ)、エルネスト・ベニテス(バタンガス)、エステバン・カストロ(クラーク)、エルミール・デラ・クルス(マニラ国際コンテナ港)、ボニファシオ・デ・カストロ(サンフェルナンド)、ジェリー・ロレスコ(サンボアンガ)、およびアーニュイフォ・マーク(セブ)である。2013年10月に作成された財務省改革ユニットは、収益機関と税関及び内国歳入局は、両方の自由な裁量の下でのパフォーマンスを向上させるために仕事を課されていた。しかし、関税局副長官アルトゥーロ・ラシュカ氏は両方が関税局の税の徴収のほぼ60%を占めるが、マニラ港とマニラ国際コンテナ港の2014年収税は目標を達成できなかったことを委員会に報告し、コンテナ港が15.3%に下落したマニラは、20%の目標を逃した。バタンガス港も18.4%で、目標達成ができなかった。よって改革ユニットの7名の不能さが指摘され、背後にいた税関副長官も現在委員会に審議されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存