【フィリピン 25日】 空港幹部はより多くの輸送サービスを追加するべきと語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピンのプレミア空港に到着する何千人もの乗客のための輸送ニーズに対応するため、フアンエドガルド・アンガラ上院議員はユーバーとグラブカー(契約個人ハイヤー)のような、よりタクシーとアプリベースのトランスポートサービスがニノイ・アキノ国際空港で動作させるべきであると述べた。25日の上院公聴会にて、マニラ国際空港局は1497台の認定の搬送ユニットがアキノ空港に現在あると述べている。これらには、レンタカー、定額制タクシー、メーター制タクシーがある。しかし、この数は数十空港の4つのターミナルに到着する数千人の乗客を輸送するには十分ではないという。2014年には、毎日マニラ国際空港とアキノ国際空港に46418人の乗客が到着した。しかし毎日メーター制タクシーや定額タクシーのユーザーの平均数は、10777人に過ぎなかった。マニラ国際空港ゼネラルマネージャーホセ・エンジェル氏は、毎日の乗客到着の数は2015年に50210まで増加してきたとし、特に最近、利用可能なより多くのタクシーユニットを持っている必要があると指摘している。問題に対処するために、エンジェル氏はマニラ国際空港は、陸運フランチャイズおよび規制委員会と連携し、ユーバーとグラブカーのようなトランスポートネットワークのアプリベースの車両のサービスは空港で乗客をピックアップできるように検討していると述べている。エンジェル氏は、乗客がより高価な固定料金制タクシーやレンタカーよりもこれらを好むため、空港内よりメーター制タクシーを認定するために運賃を求めていると付け加えた。アンガラ上院観光委員会副委員長は、空港で利用できる輸送サービスの欠如は国の観光に影響を与える可能性が大きいとし、早急に体制を整える必要があると述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存