【フィリピン 20日】 上院が100日間の産休法案を承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新たに承認された上院の法案が可決され、産休は100日まで延長されることになる。フィリピンでは現在60日間の産休が法律の下で認められているが、国際労働機関が定める98日間の最小要件に満たしていないと、ピア・カエタノ上院議員が法の改正を求めてきた。上院法案第2982または2015の拡張マタニティ休業法は、賛成19-反対0の投票で、18日に承認された。法案は、政府と民間部門で働くすべての女性従業員に適用される。働く女性は、通常分娩または帝王切開にかかわらず、本人の規則的または週の平均賃金に基づく完全な賃金で、100日間の産休を認めるとされる。さらに無給の30日間の休暇も加えることができるという。出産や流産の前の12ヶ月の期間中に社会保障負担の少なくとも3ヶ月分を支払った民間部門の従業員は、100日の間、平均月収に基づいて計算して日常出産給付が支給される。法案はまた、従業員の雇用保障が女性の産休に影響されないことを強調している。上院女性委員会の委員長であるカエタノ氏は、子供、家族関係、およびジェンダー平等、および法案のスポンサーは、女性がフルタイムの仕事を再開する前に健全で健康な状態を取り戻すために、ならびにそれらの母体の役割を引き受けるために十分な遷移時間を提供することを目的とすると述べた。そしてこのような政策を通じ、働く女性の権利を促進し、出産に基づく差別から女性を守る基準を制度化することを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存