【台湾 19日】 台湾南東部でマグニチュード5.7の地震

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、中央気象局によると、リヒタースケールでM5.7を測定する地震が午前10:13に台湾の南東部、台東県で発生した。地震の震源地は、東台東県沖合23.8キロの地点で、深さは20.4キロだったという。台湾の0-7震度スケールで5の強度を示し、最強の揺れは台東県で東河郷だったという。強度3は高雄市、嘉義県、台南市の新華区、雲林県草嶺であり、嘉義市の大埔郷や桃園地区に記録しながら、台東市では、強度4だったという。強度2レベルは、東部南部と中部台湾の他の地域に感じられた。地震の強度は、特定の場所に地震によって発生した揺れの実際の強度を表している。この地震による災害や被災者の報告はまだ出ていないが、台湾南東部では、今後も余震があると思われ、十分な対応が求められる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存