【台湾 15日】 国立故宮博物院の南館が台湾で最高の都市建物に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

14日、昨年末にオープンした嘉義県の国立故宮博物院の南館は、台湾の最高の都市建物のリストのトップ10に加わった。データ分析のウェブサイト デイリービューによって編纂されたリストが完了し、過去2年間に業務を開始している10の建物が選ばれたが、その中に含まれているという。国立故宮博物院南館の敷地は70ヘクタールに及び、 20ヘクタールの主な建物は中国のブラシの絵画からのコンセプトに基づいて建築家のクリス・ヤオ(姚仁喜)氏によって設計されていると、博物館は述べている。博物館は台湾の緑化保存の建築基準を満たし、耐震基準の最高レベルも満たしているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存