【フィリピン 15日】 最新世論調査ではビネイ氏が大統領選でややリード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

1月初旬に実施され15日に発表された世論調査によると、現副大統領のジェホマ・ビネイ氏とフランシス・エスクデロ上院議員が、正副大統領候補として一番人気だという。ビジネスワールドに掲載された 2016年1月の調査の結果は、ビネイ氏が12月の26%から31%に有権者の支持率を伸ばし、2位のポー上院議員は同じ比較で28%から24%に後退しているという。3番人気のマニュエル・ロハス氏は、22%から21%とほぼ横ばいで、ダバオ市長のロドリゴ・デュテルテ氏も20%から20%で同様である。逆に副大統領候補のフランシス・エスクデロ氏は12月に比べて2 %ポイント低い28%だったが、次点のフェルディナンド・マルコス・ジュニア上院議員は、19%から25%と大きく支持率を伸ばしている。全てはこの世論調査の結果通りとはならないだろうが、大統領選がこれから加熱するにあたり、この数字はかなり気になってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存