【台湾 13日】 ヘロイン密輸団のメンバーを空港で逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

13日、ヘロイン密輸団のメンバー2人がベトナムからヘロインを密輸しようとしていたことが発覚し、空港で今月10日に逮捕されたが、この容疑者が薬物所持の容疑で検察に送られたと、警察が発表した。最初の容疑者はシャオと名乗る女性で、警察によると、ベトナムからの到着時に、台湾桃園国際空港で女の股と胸の下にヘロイン847グラムを隠し持っていたという。逮捕された2日後、別の男性容疑者は、自身の腸内でヘロイン205.1グラムが見つかり、同じく逮捕されたという。今回、台湾に密輸されるヘロインをピックアップした2人はそれぞれ、1月3日と1月8日にベトナムへのフライトにそれらを送ったのと同じ薬剤密輸組織に属すると考えられている。このような密輸組織の他の5人のメンバーが、その後新台北、桃園で逮捕され、警察はそれらを昨年7月から監視していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存