【台湾 12日】 台湾の財団がインドの女性の火傷の被害者を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

12日、台北ベースのインドの非政府組織との間で始まった協力プロジェクトは、それらを物理的、心理的なリハビリテーションサービスへのアクセスを与え、インドで少なくとも500人のメス熱傷生存者を支援してきたという。昨年12月に終了した3年間のプログラムでは、台北ベースサンシャイン社会福祉財団は、犠牲者にケアを提供するために、犯罪防止及び被害者のケアのための国際財団(PCVC)、チェンナイベースのNGOと協力し、ジェンダー暴力を防ぎ、および女性の熱傷生存者のための回復と癒しセンターを設置した。チェンナイの回復と治癒センターでは、入院後に心身サービスを提供し、500人以上のような生存者を治療したと、財団が今月初めに声明で述べている。30年以上にわたって燃焼生存者のケアに専念してきましたサンシャイン財団の支援を受け、PCVCは、女性への個別リハビリ、創傷ケア、心理カウンセリングや社会復帰サービスなどのサービスを提供する広範なシステムを確立して犠牲者を癒している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存