【フィリピン 7日】 カエタノ氏は避妊予算で1億ペソのカットに抗議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ピア・カエタノ上院議員は、リプロダクティブ・ヘルス法の主要なスポンサーが、フィリピン人のための家族計画商品を購入することを意図する2016年予算で1億ペソの割り当てを突然取り外したことを7日に公表し、これは完全に受け入れられないとした。この予算案はすでに進行中のものであり、詳細な修正が容易にできなように、信頼に基づいて進めていたという。しかし財務上の上院委員会の議長であるローレン・レガルダ上院議員は、健康家族保健省のための割り当てを削減する決定を述べた。カエタノ上院議員はそれがあったとしても、これは認められるものではないとして抗議している。フローレンシオ・アバド予算長官は家族の健康と責任子育てのための提案された予算額は3億380万ペソであると述べ、2016年予算が成立した後、額は2億2750万ペソに減少した。予算長官の計算では、減少学は1奥ペソには達していないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存