【フィリピン 6日】 ポイントツーポイントのバスが快速へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マカティ市とケソン市を結ぶプレミアムバスで、所要時間がわずか35〜45分になると、政府関係者が述べた。乗客の有無にかかわらず、座席数と時間を保証して出発し、政府が最近立ち上げたプレミアムポイントツーポイントのバスサービスは、快適で高速、かつ安価であることを車の所有者にアピールし、公共交通機関の利用を呼びかけている。ノンストッププレミアムバスサービスの試験走行の最初の数日間は、数人の乗客しかなかったが、乗客は着実に定時で目的地へ到着することができたという。新しいサービスは、直通でマカティ中央ビジネス地区にケソン市とマンダルヨン市からの乗客をノンストップで運んで、メトロマニラの3ルートに沿って運行する。そしてバスは満員であるかどうかにかかわらず、固定されたスケジュールに基づいて、時間通りに出発する。これまでのバスは、時間通りに運行しないことから期待値が低かったが、これからはバスの時刻表を信じて、通勤者がその日を計画し、彼らの目的地に移動するのにかかる時間の長さを推定することができるようになると語っている。乗客はまた、無料のWiFiも利用できるという。このポイントツーポイントのバスでは、ラッシュアワー時に15分単位で運行し、朝夕でそれぞれ600人から800人の乗客を運ぶことができるという。陸運フランチャイズおよび規制委員会では、今後別のルートを追加し、 1月31日までにバスサービスを拡張することを計画しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存