【フィリピン 6日】 法務長官はポーケースで選管を守れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

選挙管理委員会のアンドレス・バウティスタ会長は、世論調査が今自分自身を守るために残されていると言い、ファイリングに5日間かかるとして延長を高等裁判所を求めている。フィリピン政府のトップの法の専門家であるフローリン・ヒルベイ法務長官は、最高裁判所がグレース・ポー上院議員によって大統領選出馬が出願された場合には選管を守るために拒否するとした。法務長官はポー氏を支持して上院選挙裁判所の判決を擁護したが、選管としては、ポー氏がフィリピン生まれのフィリピン人ではないという主張に基づき、上院議員としてのポー氏を失格にする決定を出している。さらにフィリピンに住んで何年という必要年数を欠いていることも含まれる。昨年12月28日の最高裁は、この判決のために選管を一時停止とする命令を出した。そして高等裁判所は19日にポー氏のケースの口頭弁論を予定している。選管のバウティスタ会長は、最高裁も選管にポー氏の要求への回答を提出する1月7日の「非拡張可能期限」を与えたと述べており、高等裁判所は期限が1月7日から1月12日まで延長することを求めて、4日に選管より出願された拡張のための運動のコピーをリリースした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存